地域福祉サービス

HOME » 事業のご案内 » 地域福祉サービス

小樽・北しりべし成年後見センター (平成22年4月1日開設)

(6市町村共同利用 / 小樽市・積丹町・古平町・余市町・仁木町・赤井川村)

「小樽・北しりべし成年後見センター」は、平成22年4月1日北後志地区6市町村の行政 並びに社会福祉協議会の合意に基づき、成年後見制度の利用促進に向けた総合的な拠点として「小樽市社会福祉協議会」が実施主体となり、設置・運営しております。

日常生活自立支援事業と成年後見制度について[PDF]

成年後見制度とは

成年後見制度は、認知症、知的障害、精神障害など精神上の障害によって、判断能力が十分でない人の生活を支えるための法律の制度です。

こんな時はご相談ください(無料)

施設へ入所したいが自分では手続きができません。
成年後見制度を利用すれば、ご本人の希望を聞いた上で、後見人が施設側との契約をすることができます。
預貯金の出し入れに不安があり、お金の管理がうまくできません。
成年後見制度を利用すれば、後見人によって預貯金や年金などの財産管理が行われます。
最近、母の家に訪問販売が来ているようで心配です。
成年後見制度を利用すれば、後見人がこれらの契約を無効にしたり、被害代金を取り戻すことができます。

お問合せ先

小樽・北しりべし成年後見センター

住所: 〒047-0032 小樽市稲穂2丁目22番1号 小樽経済センタービル1階 成年後見センター
電話: 0134-64-1231
FAX: 0134-24-2575
E-Mail: kouken@otaru-shakyo.jp
開設日時: 月曜〜金曜(祝日・年末年始は除く)9時〜17時

※小樽市・積丹町・古平町・余市町・仁木町・赤井川村にお住まいの方が対象です。

小樽市・積丹町・古平町・余市町・仁木町・赤井川村

日常生活自立支援事業

(平成27年4月から小樽市を基幹社協として北後志6市町村を圏域に事業協定) 高齢の方や障害をもった方が地域で安心して生活が送れるよう、福祉サービスの利用手続きや援助や代行、またそれに伴なう日常的な金銭管理などをお手伝いする事業です。

日常生活自立支援事業と成年後見制度について[PDF]

利用できる方

  • 自分ひとりで判断をすることに不安な方や、お金の管理に困っている方(医師による認知症の診断や療育手帳などの有無は問いません)
  • 在宅で生活している方、または在宅で生活する予定の方
  • 契約内容について判断できる能力があると認められる方

サービスの内容

福祉サービス利用援助

福祉サービスを安心して利用できるようにお手伝いします。(福祉サービス利用に関する申込み、契約手続きの代行・代理。利用料金の支払い手続きなど。)

日常的な金銭管理

毎日の暮らしに欠かせないお金の出し入れをお手伝いします。(医療費・税金・公共料金・家賃などの支払い、日常的な生活費の払い戻し・預け入れなどの手続き)

大切な書類等の預かり

大切な印鑑や証書などを安全な場所でお預かりします。(預金通帳・年金証書・権利書・印鑑など)

利用料金(相談は無料)

1回1時間当たり1,200円と生活支援員の交通費(生活保護を受けている方は無料)

利用するには

小樽・北しりべし成年後見センターにご相談ください。担当者(専門員)が自宅や施設、病院などを訪問しお話を伺います。お気軽にご相談ください。

小樽・北しりべし成年後見センター (実施主体:小樽市社会福祉協議会)

住所: 〒047-0032 小樽市稲穂2丁目22番1号 小樽経済センタービル1階
電話: 0134-33-7760
FAX: 0134-24-2575
E-Mail: kouken@otaru-shakyo.jp
開設日時: 月曜〜金曜(祝日・年末年始は除く)9時〜17時

※小樽市・積丹町・古平町・余市町・仁木町・赤井川村にお住まいの方が対象です。

小樽市・積丹町・古平町・余市町・仁木町・赤井川村

福祉用具貸出しサービス (介護保険対象外)

高齢者・身体障害者の方に車いす等を貸出しています。 また、福祉教育の学習用にも、地域福祉の理解を深めるために活用されています。

貸出条件・期間

余市町内に在住する方で、原則として1週間以内。 使用物品を破損又は紛失した場合は、修復等のうえ返却していただきます。

福祉用具の種類

  • 車イス 11台
  • 疑似体験セット 2組
  • 小型布団乾燥機 1台

申込方法

あらかじめ事務局にご連絡のうえお申込み下さい。

借用願い書(個人用) 借用願い書(団体用)

地域福祉活動助成事業

地域福祉活動助成事業

 本会では、町民の皆様から拠出いただいた社協会費や寄付金、共同募金からの助成金等貴重な浄財を財源として、余市町内で活動するボランティアグループや福祉関係団体等に対し助成を行い、活動の支援を行うことにより地域福祉の推進を図っております。
 このたび、助成制度の一部見直しを行い、令和4年度より「公募」による事業へと改め、次のとおり応募団体を募集いたします。

対象団体

  • 余市町内で1年以上継続した活動実績のあるボランティア団体等
  • 構成人員が5名以上で代表者や会計責任者を定めていること。
  • 法人格を有する団体でないこと。(NPО法人は除く)
  • 宗教、政治、営利活動を目的とする団体でないこと。

対象事業

 これまでに実施してきた事業で継続する必要性が高く、今後も支援が必要と思われる事業。(団体が行う高齢者、障害者、児童等の福祉の向上を目的とした自主的・積極的な活動に資する事業)

助成金額

 1団体につき事業費の3分の2以内で上限額3万円

申請方法

 申請書に必要な書類を添付して、11月25日(木)までに提出してください。
※助成事業の詳細や申請に必要な書類については、下記の応募要領をご確認ください。

応募要領はこちら 申請様式はこちら

申請書提出先・お問合せ

社会福祉法人余市町社会福祉協議会
〒046-0011 余市町入舟町400番地(余市町福祉センター入舟分館内)
TEL 0135-22-3156/FAX 0135-23-3664

オムツ等支給事業

在宅で紙オムツ等を必要とする方を介護するご家族に対し「オムツ等利用券」を交付しております。
尚、令和3年度より町から一部補助を受け、社協の自主事業として継続実施します。

対象となる方

  • 在宅で常時紙オムツ、紙パンツ又は尿取パットを必要とする方
  • 障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度) → ランクB以上 又は認知症高齢者の日常生活自立度(寝たきり度) → ランクⅢ以上
  • 町内に在住する介護保険被保険者(第2号被保険者 → 要介護者)

利用料金

世帯の所得に応じ、負担額が異なります。(負担なし〜2,000円)

お問合わせ・お申込み

余市町社会福祉協議会
オムツ等支給事業利用申請書はこちら
 電話番号:0135-22-3156
 受付時間:平日9:00~17:00

取扱店舗

  • (有)ドラックストアーさとう(大川3-68)
  • (有)ひろし家具店(黒川3-1)
  • 和榮堂薬局(黒川3-140)
  • (株)サッポロドラッグストアー余市店(黒川12-69)

手話通訳者派遣事業 (町委託事業)

余市町内に在住する聴覚障害のある方が、社会生活上必要なコミュニケーションを必要とする際(通院・会議・各種手続きなど)に、あらかじめ余市町に登録している手話通訳者の派遣を無料で受けることができます。 ただし、町外の方で派遣を希望される場合は、あらかじめご相談下さい。
手話通訳登録者 9名(男性1名 / 女性8名)

派遣対象

(1) 医療関連 (4) 職業等
(2) 会議等 (5) くらし
(3) 手続き等 (6) その他

お問合せ先

余市町 福祉課: TEL:0135-21-2120 FAX:0135-21-2144
余市町 社会福祉協議会: TEL:0135-22-3156 FAX:0135-23-3664

手話奉仕員養成講座の開催 (町委託事業)

障害者自立支援法に基づくコミュニケーション支援事業として手話の技術を習得し、聴覚・音声及び言語障害者のコミュニケーションを円滑に行うための手話奉仕員を養成しています。
講座日程 令和3年5月11日〜令和3年11月16日(入門課程 全22回)
令和3年度の入門課程の受付は終了しました。
対象者 北後志地区在住の16歳以上の方
主催 北後志地区5ヶ町村(積丹町/古平町/余市町/仁木町/赤井川村)
実施主体 余市町社会福祉協議会
協力団体 後志ろうあ協会/余市手話会

生活福祉資金制度

新型コロナウイルス感染症の影響による休業等で生活資金にお困りの皆様へ

生活福祉資金(緊急小口資金)特例貸付のご案内

◆本資金は貸付金であり、償還(返済)していただく必要があります。

  • 【貸付対象】  新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯(本町に住民票がある方)
  • 【貸付限度額】  原則として一世帯につき1回限り10万円以内
     ※条件により20万円以内の貸付も可能
  • 【貸付利子】  無利子
  • 【問い合わせ】  余市町社会福祉協議会までお問合わせ下さい。
     受付時間(平日9:00~17:00) ℡0135-22-3156
詳細はこちら
厚生労働省特設サイトはこちら

生活福祉資金制度について

他の貸付制度が利用できない低所得世帯や障がい者世帯、高齢者世帯に対し、資金の貸付けと必要な相談・支援により、経済的自立と生活の安定を目指すことを目的としています。この貸付制度は、厚生労働省の要綱にもとづき運営しています。

ご利用いただける世帯

  • 低所得世帯 資金の貸付にあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、独立自活に必要な資金の融通を他から受けることが困難であると認められる世帯
  • 障がい者世帯 1.身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかの交付を受けている方の属する世帯 2.障害者総合支援法によるサービスを利用している方の属する世帯
  • 高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯(福祉資金については、日常生活上療養または介護を要する高齢者が属する世帯に限る)
詳細は以下のパンフレットをご覧ください。 生活福祉資金貸付のご案内 パンフレット

ふれあいフォトコンテスト

2021ふれあいフォトコンテスト結果発表

 今年で14回目を迎えた「ふれあいフォトコンテスト」は、“えがお”をテーマに家族との絆や子育てを支え合う様子、お年寄りの生き生きとした姿や生活の様子などについて作品を募集したところ、次の作品が選ばれ11月19日に表彰式を行いました。
ご応募いただきありがとうございました。
(作品は、町内の公共施設、保育所などに展示しております)

ふれあいフォトコンテスト2021_01
ふれあいフォトコンテスト2021_02
2021 ふれあいフォトコンテスト作品募集![PDF]


2020 ふれあいフォトコンテスト結果発表

2020「ふれあいフォトコンテスト」入賞作品
 【募集期間】 (自)令和2年8月1日~(至)10月30日
 【テ ー マ】 「きずな」
 【最終審査】 11月11日(水)13:30
 【表 彰 式】 11月17日(火)13:30

ふれあいフォトコンテスト2020_01
ふれあいフォトコンテスト2020_02



2019 ふれあいフォトコンテスト結果発表

2019「ふれあいフォトコンテスト」入賞作品
 【募集期間】 (自)令和元年9月1日〜(至)11月20日
 【テ ー マ】 「ふれあい」
 【応募者数】 23名/34点
 【最終審査】 令和元年12月4日

ふれあいフォトコンテスト2019_01
ふれあいフォトコンテスト2019_02



2018 ふれあいフォトコンテスト結果発表

2018「ふれあいフォトコンテスト」入賞作品
 【募集期間】 (自)平成30年9月1日〜(至)11月20日
 【テ ー マ】 「えがお」
 【応募者数】 11名/16点
 【最終審査】 平成30年12月4日




2017 ふれあいフォトコンテスト結果発表

2017「ふれあいフォトコンテスト」入賞作品
 【募集期間】 (自)平成29年9月1日〜(至)11月30日
 【応募者数】 ①一般部門  5名/8点
        ②子育て部門 29名/45点
 【最終審査】 平成29年12月19日


生活支援体制整備事業

 余市町より生活支援体制整備事業の委託を受け、お住いの地域で、ちょっとした困りごとのお手伝いや、気軽に集まれる場所づくりなど、安心して生活することができる地域づくりのお手伝いをするため、生活支援コーディネーターを配置しました。

生活支援体制整備事業とは?

 高齢者のみなさんが、いつまでも住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、住まい、医療、介護、生活支援・介護予防が一体的に提供される仕組み(地域包括ケアシステム)の構築が必要とされている中、住民主体の助け合い・支え合い活動を推進し、支え上手・支えられ上手の仕組みを作り上げていくのが生活支援体制整備事業です。

「地域包括ケアシステム」イメージ図

生活支援コーディネーターとは?

 高齢者のみなさんがいつまでも元気で、生きがいを持った生活ができるような地域づくり、また誰かが困ったときに、助け合い・支え合うことのできる仕組みづくりを皆さんと一緒に考え、お手伝いをさせていただきます。

活動の様子

 コーディネーター活動の記録や皆さまにお伝えしたい情報などを掲載します。

“お互いさまの地域を育むために2021”を開催します。
誰かが困ったときに、助け合い・支え合うことのできる仕組みづくりを一緒に考えてみませんか?
【講演】 「みんなで始める、助け合い・支え合い活動」
【日時】 11月23日(火・祝)13:30~15:30
【場所】 中央公民館(大川町4-143)
【講師】 長谷川 聡氏
    (社会福祉法人アンビシャス理事長、北海道医療大学非常勤講師)
 ※定員は60名で先着順とさせていただきます。
開催チラシ

「シニアのためのおうち時間を楽しく健康に過ごす知恵(おうちえ)」について
 自宅での過ごし方の参考にしてみてはいかがでしょうか?
 詳細は東京大学 高齢社会総合研究機構のホームページ内の「おうち時間を楽しく健康にすごす知恵(おうちえ)」をご覧ください。
アドレス:http://www.iog.u-tokyo.ac.jp/?p=4844

地域の活動内容やニーズを把握するため、「高齢者の生活や活動等に関するアンケート」を実施しました。
アンケート集計結果はこちら

「なぜ、いま生活支援体制整備事業が必要なのか?」余市町の高齢化率や要介護率の将来推計を基に、この事業の必要性をまとめてみました。
詳しい資料はこちら

広報誌

コーディネーター活動の記録や地域活動の様子など様々な情報をお知らせいたします。

「“お互いさまの地域を育むために”通信」(令和3年3月)詳細はこちら

「助け合い・支え合い活動を応援します」(令和2年5月)詳細はこちら

「皆さんの地域で“助け合い・支え合い活動”をしませんか?」(令和2年2月)
詳細はこちら

ふまねっと運動教室

ふまねっととは?

 ふまねっと運動とは、50センチ四方のマス目で出来た大きな網を床に敷き、この網を踏まないようにゆっくり慎重に歩く運動です。この動作から「ふまねっと」という名前がつけられました。

ふまねっととは?

ふまねっと運動の効果

 ふまねっと運動には、マス目を利用したステップがたくさん用意されており、このステップを間違えないようにすることで「歩行時のバランス機能が高まったり」、ステップを学習することで「認知機能を改善する」など効果があることが実証されています。  また、楽しく行えるステップなどが用意されているため、レクリエーション感覚で楽しむことができます。

ふまねっと運動の効果

よいち社協の取り組み

 余市町社会福祉協議会では、町から委託を受けて「ふまねっと運動教室」を開催しています。この教室は、安全面に配慮し、「ふまねっと余市支部」の全面的な協力を得て実施しています。
 開催場所は、中央公民館、大浜中老人寿の家、そして福祉センター入舟分館で行っています。運動教室への参加は、申し込みが必要です。
 詳細は、下記までお問い合わせください。

お問合せ先

余市町社会福祉協議会 余市町入舟町400番地
電話番号:0135-22-3156 FAX:0135-23-3664

認知症カフェ運営事業

“あずましい余市カフェ”を始めます。~
「あずましい余市カフェ」とは、認知症の方とその介護するご家族、地域住民などが気軽に参加でき、交流する場です。また、認知症や介護の専門職に相談することができたり、同じ悩みを持つ人たちと情報交換をすることができます。
 本年度第1回目を次のとおり開催します。
【日時】 11月30日(火)13:00~15:00
【場所】 中央公民館(大川町4-143)
【内容】 ミニコンサートや室内ゲーム、認知症に関する相談など
 ※コロナ対策のため、事前予約をお願いいたします。
 ※出入りは自由で、参加費は無料です。
開催チラシ

お問合せ・予約

社会福祉法人余市町社会福祉協議会
〒046-0011 余市町入舟町400番地(余市町福祉センター入舟分館内)
TEL 0135-22-3156/FAX 0135-23-3664

▲ 上に戻る